どんどん伸びる緊急事態宣言と私の悲しみ

未分類

また、緊急事態宣言が伸びそうな今日この頃。最初はゴールデンウィークと言われていたのに、そこから1ヶ月以上伸びてしまうとは…。日本のお役所のことなので、最初は短めに言って安心させておいてどんどん伸ばしていくという姑息な手段を取るとは思っていたけどここまでとは…。しかも、大阪は緊急事態宣言の条件を緩めてもくれなかったので、私の大好きなライブにすらいけない日々が続く。大阪だけライブができないとはどういう事態だろうか。東京でもできているのに。ライブは敵視しやすい対象なので去年も今年もあまりいい立ち位置には立たせてもらえないよう。ライブを開催する方々は、コロナに対して最新の注意を払い安全性を高めてくれるというのに。国会で集合している人たちよりも、より安全にステージを見ることができていると思うのに。こっちは好きなバンドに会えることを楽しみにして毎日を過ごしているのに、どんどん奪われていく機会。本当に悲しい。人生ライブだけではないとはいえ、自分の元気の源として存在しているライブに行けないのは栄養補給が足りないのと同じ。日々を頑張るためにはライブに行きたい。切実に。と言っても私はコロナが蔓延しないように何か大きなことをすることはできない。マスクをしっかりつける、黙食をするなどの個人的に注意できることはあるけれども。やっぱり国や地方のお偉いみなさんに最終はどうにかしてもらうしかない。我慢するしかないのだと思う。
ただ、これまで1年以上コロナウイルスと過ごしてきたのだから、何が感染率が高くて、何がそれほど高くないのかは数値で出せる頃ではないのか。ライブは危険なのか。危険だったら何か証拠を出して欲しい。ライブへの偏見でライブは感染を広げるから中止したほうがいい、中止したらある程度の人は納得するからと適当に抑制しないで欲しい。と言ったとしても、ライブが好きな人は全体から見ると少数なので、こうなってしまうんだろうな。悲しい。

タイトルとURLをコピーしました