ただ友人と買い物した日

未分類
Brain xray, human anatomy, 3D Illustrated neurons

友人は弁当箱を探していた。弁当箱を会社に忘れたことがあって、放置した弁当箱を開けるのが怖くてそのまま捨てた、だから今は中身が見える透明な蓋の弁当箱がほしいのだそうだ。しかし少しでも色のついたサングラスのような蓋も嫌だそうで、結局買わなかった。

私がノートを探していると、ノートの罫線が百人一首だったり国名だったり元号だったりするものを見つけて二人ではしゃいでしまった。いい大人がノートの罫線に喜んでいた。

私は紅茶を買った。ノンカフェイン紅茶で、のティーバッグが10個入って300円ほどで売っているのだが、家に帰って気づいた。ルピシアのほうが安い!同じノンカフェインの桃風味のお茶で計算すると1g25円とルピシアは1g12.5円。デパートに入ってるお店だから高いだろうと思っていたが違ったようだ。次回からルピシアにしよう。

無印でフェイスタオルも買った。なんせ家にあるタオルが20年モノなのだ。おそらくどこかのスキー場に行ったときに買ったのであろう雪だるまが描かれたカラフルなタオル。でも母は捨てないという。そこで私専用のいいタオルを買った。なんせミニマリストと呼ばれる人たちはタオルを一年で買い替えるというのだ。それを知ってもう我慢できなくなった。実は後日、自分専用タオルを買ってきた私を見た母は、20年モノタオルを捨てた。今まで私が捨てろと言ってきたのに何だったんだ。

ファストファッションブランドでTシャツを買った。黒くてお尻まで隠れるほど大きいTシャツ。女性で白Tシャツ着てる人大変だなといつも思う。透けないような厚いTシャツを選んだり、下着をベージュにしたり、キャミソールをもう一枚着たりしないと下着が透けてしまうことがあるからだ。先日もインスタで「透けない白Tシャツはどれ?比べてみました!」といった記事があった。いや…黒とか濃い色を着れば解決するんだが…。着心地より見た目を重視するファッションは嫌いだ。見た目を考える時間を別の何かに私は使いたい。

タイトルとURLをコピーしました