スマートフォンで撮った大事な記録

未分類

今や、これを持っている人にとっては日々の生活の一部となり、欠かせないものとなってきた、スマートフォンですが、とても優秀で、調べものや写真を撮る、アプリを使ってなにかをするなど、どのシーンにおいても文句一つ言わずに機敏にすばやく動いてくれるものです。

最近のものは特に進化がすごく、様々なことができるスマホですが、一番よく使う機能としてSNSが一般化してきたこともあり、カメラを使うことが多いことと思います。
ここでは、写真を撮ったあとのことについて書いてみたいと思います。

スマホで写真を撮る人や、その機会が増えてきた背景にはラインやフェイスブックといった、SNSが急速に広まったこと、スマホ本体のカメラの画素数が劇的に変わったことです。
一眼レフカメラに劣らない、もしくは同等の撮影に関する細かな設定ができたり、写真自体も一眼レフカメラに引けを取らないほどのキレイさで撮影ができたりします。

それだけ高機能なカメラで撮った、たとえば旅行の思い出などの、たくさんの大事な記録が、なんらかのトラブル(誤操作や機械的なトラブル)で消えてしまったなどということがあっては大変です。私は何度か、このトラブルを経験してショックを受けました。

通常、スマホで写真を撮ったあとにはすぐに保存ですが、基本的にスマホの保存には本体に保存する、マイクロSDカードに保存する、クラウドに保存などがありますね。
スマホ本体のカメラ保存設定のところで、事前にどこの保存先に保存するのか?を決め、設定した場所に保存と、とても簡単です。最近のスマホではとてもキレイな写真が撮れるものの、キレイに撮れたぶん、撮った写真一つのデータ容量も大きいため、私のように写真をよく撮る人は特に、本体やSDカードもいいですが、すぐに容量がいっぱいになってしまい、足らなくなってしまいます。いつまた、撮りたい瞬間がやってくるか分かりませんから、そんなときに備えて、本体やSDカードよりも、より容量の大きいパソコンに保存や、クラウドに上げるということをしておけば、コードでパソコンとスマホを繋ぐ、パスワードを毎回入力などの面倒はあるものの、いつでもスマホやSDカードの容量に空きがあり、より手軽に、スマホカメラライフを満喫できそうですね。

このパソコンに保存やクラウドに上げての保存は、先ほど書いたような、予期せぬトラブルにも大変有効なことだろうと思います。そのカメラにおいては、4Kの撮影もできてしまう、最近の一眼レフの高級機に迫ろうかというほどのものとなっており、スマホのお値段も大変高価なお値段が付いていて、お給料の3ヶ月分、いや、もっとかもしれません。そんなスマホの調子がよくない、もしくは壊れてしまったなどの予期せぬトラブルの際に復活が難しい写真や動画は特に、保存容量の多い、別の場所に置いておきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました