コンビニの、オリジナルブランド

未分類

24時間開いているコンビニエンスストアは、なにかと便利で休みの日や仕事終わりなど、人によってそこに行く目的はさまざまですが、私はおもに、ちょっと小腹が空いた、明日のお昼を買いに行くなどの目的で行くことが多いのですが、コンビニエンスストアに置いてある、オリジナルブランドの品質の高さに驚いたことを書いてみたいと思います。

私の近所がコンビニは近くにあるものの、スーパーなどが近くにないこともあって、平日の日々の昼食や仕事終わりにつまむお菓子などは、よくコンビニで買ってくることが多いのですが、最近のコンビニ食品の品質がとても高く、とくにコンビニ独自のオリジナルブランドのパンやお弁当、お菓子、ジュースなどが、とても美味しく、10数年前の有名メーカーのものよりも美味しくなっているのではないか?と思ってしまうぐらいのものもあります。「ここまで高い品質のものが売ってあるのだ」と驚いたのでした。
品質が高いのだから当然、お値段も高いのかと思ってみれば、けしてそうではなくて、パンにせよ、お菓子にせよ、ジュースにいたるまで、オリジナルブランドのものなら、だいたいの物がワンコインで手軽に安く買える値段となっていて、驚きました。
中には消費税込みでワンコインというものまであり、なんと良心的なのかと思いました。
以前、テレビの特集でコンビニの特集をやっているのを見たときに、今は独自のオリジナルブランドにさらに力を入れていると、より品質のいいものを提供したいということを言っていました。だからといって、お値段をやみくもに上げるようなことはせず、お客様のおサイフにやさしいお値段で提供したいとも言っていました。

まさにテレビで言っていたとおりの品質や値段設定となっていて、「コンビニはあまり美味しくない、高いというイメージがあったけれど、今はそうでもないんだな」と、コンビニに対するイメージが確実に変わりました。

安いからとパッケージがいい加減ということもなく、つい手に取ってしまうような、その商品の写真の取り方、パッケージのデザインにもこだわっていて、有名ブランドに負けないくらい、中身同様、細部も妥協せずに提供しているところにも、とてもいいイメージを持ちました。今は決まったものしか買っていないですが、他の物も手に取ってみたいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました